英語の違い

日本語は、日本でしか使われていない言語なのですが、英語はいろんな国で話されているよね。大きく分けるとイギリス英語とアメリカ英語かな。何が違うのかはっきりと知らないけれど、
単語が違うことが多い。英会話教室でイギリス人の先生だった時に指摘されたんだけど、日本語でズボンって言うのを、pants(パンツ)と言ったら、イギリスではそれは下着のことだと言われました。

アメリカ英語ではOKなんですけどね。あと、トイレもそうかな。イギリス英語はtoiletだけど、アメリカ英語はrestroom。それから一番びっくりしたのは、エレベーターの階数だね。オーストラリアに行った時、1階は「ground floor」2階は、「first floor」だった。

オーストラリアは元々イギリスの植民地だったから、イギリス英語なんだよね。アメリカでは1階は「first floor」2階は「second floor」です。すごい勘違いしやすいから、エレベーターで「何階ですか?」と聞かれた時は間違えないように気をつけたいものですよね。他にもいろいろあるからね。

講師によって単語が違ってくると思うから、できれば講師は国を統一してもらうか、その教材で統一してもらうしかないよね。